出演者紹介

出演者

(ご紹介は順不同です)

女声あんさんぶるSora

歌う♪ハモる♪食べる♪しゃべる♪こと大好きな楽しい仲間たちです。
今成三枝子 入西宏子 上村由紀子 佐藤文子 
中村昌子  林幸恵 

アルト 上村 由紀子  


富山県出身。新潟大学大学院教育学研究科修了。声楽を箕輪久夫氏に師事。
現在、長岡市内中学校教諭。
何でも歌える歌手を目指して日々研鑽を積んでいる。



Photo by Kiyotaka Sakuma

指揮・ヴィヴァルディ 西村 優輝

新潟大学教育学部芸術環境創造課程音楽表現コース卒業。
現在は後進の指導とともに、各種アンサンブル、チンドン屋、即興表現を行っている。
チェロを渋谷陽子(新潟市ジュニアオーケストラにて)、牧野純子、宇野哲之各氏に師事。
即興表現を鈴木正美氏のもとで学ぶ。
森のアンサンブル「イタチ少年」チェロ担当。
チンドン屋「うちのdeチンドン」サポートメンバー。
趣味は読書、映画鑑賞、小皿収集。

フルート 市橋 靖子  


東京藝術大学音楽学部別科フルート専攻修了。フルートを礒部進、堀井恵、中野富雄、高野成之、相澤政宏の各氏に師事。第28回、29回新潟県音楽コンクール 優秀賞受賞。1998年 東京都江戸川区新人演奏会オーディションに合格、同演奏会に出演。2000年 ソロデビューリサイタルを開催。2014年 長岡市・新潟市・佐渡市にてリサイタルを開催。
新潟ARS NOVA 、Flute duo Parfait、ユーフォルビア 各メンバー。
新潟市ジュニアオーケストラ教室講師。
新潟市出身、佐渡市在住。


ソプラノ 入西宏子

柏崎市出身。 新潟大学教育学部中学校教員養成課程音楽科(声楽)卒。
第50回新潟県音楽コンクール声楽部門入選。
声楽を箕輪久夫、西潟明美、鈴木規子、北住順子各氏に師事。
新潟市内特別支援学校教諭。 現在も声楽の研鑽を積む傍ら、複数合唱団に所属したり、
県内中学校高校合唱部でヴォイストレーニングを行ったりしている。

リュート 白澤 亨   

糸魚川市出身。
リコーダーを吉澤 実氏に師事。
高校3年時、全日本リコーダーコンテストにて金賞を受賞。
東京にて古楽器製作(チェンバロ、リュート等)に携わる。
古楽演奏を中心にリュート、ガンバなどの弦楽器演奏にも手を伸ばす。
中国音楽(笛子)を張 暁輝氏に師事。
1994年、中国昆明にて中国芸術祭出演。
新潟市在住。

フルート 風間さくら

新潟大学教育学部学校教員養成課程音楽教育専修2年在学。
2017年ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 全国大会入選。
ピアノを高野静香、内海啓子、田中幸治の各氏に師事。
中学3年より吹奏楽部でフルートを始め、高校3年より市橋靖子氏に師事。 

チェンバロ 中村 哲子   

柏崎市出身。
桐朋学園大学短期大学部卒業。
新潟県音楽コンクール優勝賞受賞。
高橋庸子、江戸京子、須田真美子の各氏に師事。
現在後進の指導の他、合唱やソリストの伴奏等の演奏活動を行う。
新潟市西区在住。

バイオリン 高栁 美雪  髙橋 育世

●たかやなぎ みゆき
長岡市出身。8歳よりバイオリンを高橋育世に師事。小学校4年生〜6年生まで、伝統音楽クラブに所属し、三味線や横笛などを演奏。中学校では合唱部に所属。小学校6年生よりアンサンブル・フェニーチェの一員として、老人福祉施設への訪問演奏などボランティア活動に参加する。

●たかはし いくよ
長岡市出身。県立長岡高校、新潟大学教育学部特別教科音楽教員養成課程バイオリン専攻卒。1993年、1998年ウィーン夏期特別講習会受講、ロズヴィータ・ランダハー氏に師事。1998年よりバイオリン指導法を学び今日に至る。
2001年7月、奥阿賀音楽彩「アートキャンプ」を企画。その中で、ワークショップ「バイオリンを弾いてみよう」開催。2015年、ラ・フォル・ジュルネ 新潟、関連イベント「みんなの音楽入門〜パッション・セッション・エデュケーション〜」開催。
いま興味がある事は、音楽と人、音楽を通しての人と人のかかわり。その方法としての音楽教育。
こどものための音楽の家ハルモニア代表。


アンサンブル・フェニーチェ   

川岸文武 高栁美雪 長谷川祐子 久保田久美子 石川ゆかり 
高橋育世

2011年に長岡で結成された、バイオリンのアンサンブルグループ。
結成以来、老人福祉施設へのボランティア演奏活動などを続けて来た。
昨年2016年10月には、アオーレ長岡において、
今回の「みんなの音楽入門2」の一部の曲の試演コンサートを行っている。



チェロ  大石 航   岩野 詩帆


新潟交響楽団、新潟チェロアンサンブル所属 。
オーケストラのほか、アンサンブルなどでも演奏している。
新潟チェロアンサンブルでは、舘野英司氏指導のもと、チェロアンサンブルの曲のみならず、管弦楽曲や民謡などにも取り組み、今年は新潟の作曲家宮下秀樹氏の新曲を初演する。


アンサンブル・サリチェ 

山田佳子  津田みゆき 永井千恵子  佐藤夏子  高橋育世

2014年より、新潟市で活動を始めた弦楽のアンサンブル。以来、老人福祉施設への訪問演奏のボランティア活動を中心に行う。
当初はコンサートの前に集まって練習する形を取っていたが、2016年6月より、定期的な合奏の練習を開始し、今日に至る。

 



ヴィオラ   中䑓佳子  望月理子

●なかだい よしこ   新潟室内合奏団団員

 

リコーダー  中村忠雄

柏崎高校卒、明治大学大学院修了、工学修士、専門は電子工学。
中学時代はピアノ、高校時代はリコーダー、大学時代はチェロ、
数学教員になってからは吹奏楽と合唱の指導に熱中する。
新潟県音楽コンクール優秀賞受賞、吹奏楽優秀指導者賞受賞、
新潟県合唱連盟副理事長、新潟市西区在住。


テノール(謎のゲスト) 髙橋宣明さん

旧新津市出身。
新潟大学教育学部卒業、同大学院修了。箕輪久夫・松浦良治の両氏に師事。
モーツァルト「レクイエム」、ベートーヴェン「第九」等のテノールソロなど
県内外で演奏活動を行う。
オペラ公演にもモーツァルト「コジファントゥッテ」のフェルランド等に出演。
ウィーンゾンメルアカデミー声楽コース(2004年)等で、 オルガ=ワルラ=コロ、
ゲルハルト=ヘールの両氏から指導を受ける。
新潟県音楽コンクール・「響き合う歌声」オーディション等に入賞・合格。
ドイツ歌曲研究グループ「新潟シューベルティアーデ」創設メンバー。

 

楽しい音楽の仲間たちを、これからもどうぞよろしく♪。

このページの上に戻る